■そのなな

総PV:98 更新:2017-09-28 01:09
登場人物
近所のおじさん
近所のおじさんです。
クマ
クマです。
対話
あ、近所のおじさんだ。散歩中かな。
良いおじさんなんだけど、ここ最近で何を読んだのか知らないけど、やたら厨二病な表現
おはよう、クマ君じゃないか。今日も天空より降り注ぎし光の粒子たちが眩しいね。
おじさん、おはようございます。はい、良い天気ですね。
最近の若い人達は、厨二病なる言い回しが当たり前のようになってると雑誌で読んでね。
いえ、絶対に当たり前にはなってないですよ。なるほど、しかしすごい雑誌だなぁ……。
学びの化身たちが司りし教育の箱庭に通う、義務教育な君達は色々と大変だね。ははは。
いえいえ、そんな事ないです。厨二病も当たり前じゃないです。ありがとうございます。
いやいや。教育の箱庭に気をつけて行くのだよ。断罪せし鋼鉄の馬車たちに気をつけて。
こりすぎて意味がわからないけど、たぶん自動車の事ですよね。はい、気をつけます。
いや、飛行機の事だよ。
飛行機は気をつけようがないですよ。てかそれなら、鋼鉄の翼たちのほうが良いような。
それよりも急がないと、そろそろ雨が降りそうだよ。クマ君、箱庭の迷宮へと急ぐのだ。
あ、はい。天空より降り注ぎし水の弾丸たちに撃たれぬよう、急いで行ってまいります。
新しく対話を作成!
この対話をシェアする
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
この作者の他の対話