ちゅうにびょう、こじらせて。

ユッケさんとグレーヌさんは、ネット友達。そんな二人が中2病拗らせて、ネットでイタいトークをする話。

総PV:11 更新:2018-05-28 23:33
登場人物
ユッケ
案外まともで、グレーヌのナンセンスな発言に突っ込むこともあるがやはり中2病。
本人曰く、24歳の男性で引きニート。身長は200mだという。
そして日本の最難関大学を卒業したとかなんとか…?
グレーヌ
ハイテンション。センスと自重が皆無。下ネタも厭わないが、通報されるのが嫌で控えている。馬鹿阿呆間抜けとはこれのこと。
本人曰く17歳の男子高校生。
地元の難関高に、ギリギリのラインで入ったとか。
対話
よぉ!!今日も極炎の溶鉱炉の状態は良好だな!!
悪魔の誘いには惑わされなかったか!?
訳:今日は晴天だし暑かったな!!
熱中症にはならなかったか?
ああ。何せ俺には神より与えられし、天の雫と氷霧の贈り物(ギフト)があるからな!!
訳:ちゃんと水飲んだし空調も大丈夫だ。
気を付けろよ…原始より生まれし宿敵は、何時でも貴様の体を蝕もうとする…
訳:風邪に気を付けろよ
なんくるないさー!!
訳:なんともないさ。
そう言えばこの前、アレンが我らの通う英知の集う城にて悪魔公(デーモンロード)に襲われていたな
訳:この前アレンが学校の先生に叱られてた
助けられなかったのか?貴公の力があれば、援護なら…
訳:勉強手伝ってやれなかったの?
それは我を過大評価しすぎだ。奴等と我では世界が違う。身を滅ぼすことになる故、不可能だ。
訳:俺勉強できないから。
マイドンマーイ!!
訳:マイドンマーイ!!
新しく対話を作成!
この対話をシェアする
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加